亀頭直下法という包茎手術

亀頭直下法という包茎手術

日本人男性の多くは包茎と言われているのですが、包茎になっていると炎症や病気になってしまうことがありますし、パートナーの女性と上手くいかないこともあります。

 

こうした包茎を改善する手段に、包茎手術という方法があり、病院やクリニックなどで包茎手術を受ければ、ほぼ確実に包茎を改善できると言われています。

 

包茎手術の中でも亀頭直下法という手術方法があるのですが、10年くらい前から確立された方法でもあり、今現在行われている包茎手術の主流となっています。

 

 

 

この亀頭直下法は、ペニスにある余分な包皮を亀頭下から根元に向かって計測してから切除するため、傷痕が亀頭下の環状溝と呼ばれる箇所に収まり、勃起していない時は傷痕が目立つことはありません。

 

また明るい包皮内板を取り除くため、ひと昔前の包茎手術であったようなツートンカラーになることがありませんので、見られても恥ずかしいと思うことはないでしょう。

 

それに弱いとされる包皮内板を取り除くことで、包皮炎や包皮裂傷などの包皮トラブルを引き起こすことも少なくなると言われています。

 

 

 

そして亀頭直下法はクランプなどの器具を使用するわけではありませんので、医師の技術力によって大きく左右されると言われているようです。

 

医師の技術力には仕上がりの良さが1番左右されやすいと言われていますので、傷痕が目立たなくて色の違いが少なくなるように、口コミや評判などで腕の良い医師を探してみてください。