包茎手術による失敗談

包茎手術による失敗談

包茎を治療するための方法に包茎手術がありますが、包茎を克服して自分のペニスに自信が持てるようになるはずの包茎手術が、失敗に終わるということもあるようです。

 

ここでいう失敗とは、ペニスが勃起したときに包皮が突っ張ってしまい痛みがあるということや、感じにくくなって完全に勃起しなくなってしまったということです。

 

包皮が突っ張ってしまうのは、包皮を余分に切除しすぎたことが原因で起こり、勃起することによって包皮が足りなくなって、結果的にペニス全体が痛くなってしまいます。

 

そして勃起しなくなるのは、ペニスは包皮の摩擦によって気持ち良くなりますので、包皮を切除しすぎると摩擦が減り、感じにくくなると言われています。

 

 

 

また痛みや突っ張りがあるのに、無理にセックスやマスターベーションを行ってしまいますと、出血することがありますし、完全な勃起不全になってしまうこともありますので気を付けましょう。

 

こういった失敗談は昔はよくあったようで、最近になって技術や器具が進化してきたこともあり、減少傾向にあるようです。

 

しかし自分に限って失敗されることは無いなどと思っていますと、非常に危険な事で、取り返しがつかなくなることもありますので、常に危機感を持っておくようにしましょう。

 

そして包茎手術で失敗されないためにも、インターネットなどでクリニックや医師などの情報を前もって調べておき、評判の良い技術力のあるクリニックで包茎手術を受けるようにしてください。